夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによる感想、空想、つぶやき。

夏に観たくなるアニメ映画、『時をかける少女』(細田守監督/2006年)

なぜかすごく好きなアニメ映画、『時をかける少女』。

そして、夏に観たくなる作品。汗だくになって走ったりなんだか無性にワクワクしたり。そんな、遠い昔の夏休みみたいな。

とにかく、無条件で好きなんです。

イマイチだったとか期待外れだった映画の感想は、あーだこーだと次々と言葉が涌いて出てくるのに、好きな映画だと、なんだかうまく言葉が出てこないのはどうしてだろう。

だって、好きなものは好き。両手放しで好き。ツッコミどころがあろうと、矛盾点があろうと、バカだと言われようと、好きなものは好きなのだ。もうそれしか言いようがない。そんな、無条件で好きなアニメ映画。まあ、タイトルが昔の映画と同じ(主演は原田知世さん)、というところが難ですが。原作小説は同じとのことですが、アニメ版は全然別の映画ですから! なので、タイトルは別のものにしてほしかったです。


主人公の女子高生・真琴。とにかく明るくて元気で、よく走り回るしいつも全力だし。感情もさらけ出し放題。タイムリープを『カラオケを何度も歌う!』とか『全然できなかったテストのため』とかに使っちゃう、しょーもないおバカさん。
自分勝手だし、“どーでもいい人”のことはホントどーでもいい扱いだし。そんな自分の行い(過ち)に気付かないし、指摘してくれる人もいない。魔女おばさん(真琴のお母さんの妹)が、ちらちらと助言してくれたりするけど、イマイチ真琴には届いていないみたい?
ま、高校生真っ只中なら、このくらいでいいんじゃないかと。「あの時、こうすればよかった」と後悔するなりは、時間が経ったもっと後からでも思えばいいんですよ。

とにかく、男友達の千昭と功介と、放課後にキャッチボールしたり、カラオケとか行って一緒に遊びまわったり、自転車二人乗りとか(現在は禁止ルールですw)、もう青春真っ只中!という感じ。その疾走感というか爽快感というか。そういう感じが、すごく好きなんです。

  f:id:natsusakana777:20170812230204j:plain

 

いつも思わずもらい泣き&夏の夕暮れのようなせつなさ

真琴が大泣きするシーンに、思わずもらい泣きしてしまいます。屋上で大泣きしてるシーンとか、ラストに大泣きするシーンとか。

そしてラストの、千昭との別れのシーン。キス寸止めの千昭の言葉。
「未来で待ってる」
……ううう、せつない。背景の、夏の夕暮れの川もせつないくらいにキラキラ光ってる。
千昭の帰る未来はおそらく数世紀以上は先で、真琴が絶対に追いつけないくらい、先の未来。
だから実質、真琴と千昭はもう会えない。
でもその時の真琴は、本当の意味で、「もう千昭とは会えないんだ」とは気が付いていないんだろうな、とか。
おそらく、しばらく時が流れてから、後から「ああ……もう会えないんだ」と心の底からしみじみと分かる時が来ると思う。
その後、真琴はどうやって生きていくのか?は、真琴次第なのだろうけど。千昭が見たがっていたという、絵の修復の仕事をしながら、魔女おばさんみたいな人生を送るのか? いや、真琴のことだから、そうはならないかも。どうにかして、千昭に会いに行こうとするとか? いろいろと空想がふくらみます。

 

高校生あるある

※個人的推測。
1.全力で走る。
 →炎天下の中でも全力で走れる、若さってスバラシイ。
2.全力で転ぶ。
 →膝や肘をすりむいても、すぐに治る、治癒力のある、若さってスバラシイ。
3.友達(親友)と好きな人がかぶる。
 →要するに、「好みが同じで、同じ人(好きな人)を見ていた」ということですかね。学校という狭い人間関係の中なので、こんなことがしばしば起こるようです。

 

『あの頃に戻りたい』とは思いませんが

このアニメ映画を観て、「私も高校の頃に戻りたい!」とか「こんな高校生活を送りたかった!」と思うわけではありません。高校時代なんて私にとっては暗黒時代で、もう二度と二度と、絶対に戻りたくないし、やり直そうとしてもきっとまた同じようなことを繰り返すだけだろうし。

真琴とは真逆の性格のため、真琴のような高校生活は送れないのは重々承知。もし、無理して元気ハツラツ!を演じて装ったとしても、「何してんの?」「無理してんじゃねーよ」とか、あっさりスルーされるだけだろうし。

感情移入するとしたら、いじめられっ子になってブチ切れて消火器振り回した男子高生。うん、あのくらいブチ切れて思い切った行動に出ていたら、私もその後の人生は少しは変わったかも?なーんて思ったり。
私だったら、刃物振り回して片っ端から憎い奴らを切りつけていくかな。ま、そんなことしたら警察に捕まって、病院連れて行かれて閉鎖病棟に入れられるのがオチですかねw でもそれでも、確実にその後は変わる気がする。気持ちを押し殺したままではなく、どんな形でも表現してみる、表に出してみる、ということが大事だと思います。

 

真琴の声、仲里依紗さんについて

なぜか、私の中では、いまだに、仲里依紗さん=真琴(高校生)というイメージ。
この作品で、時間が止まってしまっているのです。
なので、今年の連ドラ『あなたのことはそれほど』で、めちゃくちゃ地味な、夫に浮気される妻役の仲里依紗さんを観た時には、「え? ええー?! すごい疲れてるし、やつれてる! あの元気ハツラツな真琴はどこ行ったーー?!」と一瞬、パニックになったほど(←あくまで、真琴の声のイメージです)。
アニメ映画の公開から10年以上経っているんですね……。時間の流れって……。

時をかける少女 [Blu-ray]

時をかける少女 [Blu-ray]

 

 

❰おわり❱