夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによるアニメ感想、つぶやき、空想など

空想編『3月のライオンの国』 ~キノvs高城めぐみ~

番外編の『空想編』です。
3月のライオン』『キノの旅』、両方の作品のアニメ放送は終わってしまったけど、夢のコラボをぜひ。

舞台は、『3月のライオン』のひなちゃんの中学校。

主な登場人物

・高城めぐみ:ひなちゃんのクラスのいじめ主犯格の女子生徒。
 f:id:natsusakana777:20180328225524j:plain

・キノ:10代半ばの人間。二輪車で旅をしている。
 f:id:natsusakana777:20180328225509j:plain

エルメス:キノの相棒の二輪車。喋ることができる。
 f:id:natsusakana777:20171218190200j:plain

【画像は公式サイトより】

3月のライオンの国

3月のライオン』の国に迷い込んでしまった、キノとエルメス
夕方、川にかかる橋の上で、今晩どうしようかと思っていたキノに、ちょうど通りかかったあかりさんが声をかける。
「あら、どうしたの? 道にでも迷った?」
「あ、いえ。ここらで、安くてシャワーのある宿、ありませんか?」
え?とあかりさんは立ち止まり、事情を聞く。
キノが、旅の途中だと言うと、あかりさんは、前のめりでキノに迫る。
「ねえ、お腹空いてない? 夕食食べていかない? ついでに泊まっていかない?」
結局、誘われるがまま、川本家へ行くことになったキノ。
キノは、川本家で夕食をごちそうになり(零も同席)、そのまま川本家に一晩泊めてもらう。

次の日、川本家を辞して、街を見て回るキノとエルメス
エルメスが言う。
「この国、経済も発展してるし、食事は美味しいし、旅人には親切だし、治安よさそうだね!」
「・・・・・・」
「キノ! 起きてる?! 居眠りしてるんじゃないよね?」
「ああ、起きてる。でも、こういう国のほうが実は危ないかもね」
「で、どこ行くの?」
ひなちゃんの中学校へ行ったキノ。
キノは、エルメスから降りて、エルメスを押して、入り口から廊下へ上がっていった。

ちょうど昼休み、高城めぐみたちが窓際の席で笑い声を上げていた。
キノは、廊下にエルメスを停めて、教室に入っていった。
誰? 誰あの子?とざわつく教室内。
キノは、高城めぐみたちの前へ行った。
f:id:natsusakana777:20180328225509j:plain
「高城めぐみって、あんた?」
キノを見くだすように見る高城めぐみ。
f:id:natsusakana777:20180328225524j:plain
「はあ? なんなのあんた?」
キノは真っ直ぐに高城めぐみを見た。
「よく、“ブルーレイ好評発売中”って、発売当初から言うよね。まだ好評かどうか結果が出てないうちに」
「は?」
高城めぐみは、じろ、とキノを見返した。
「あんた、何言ってんの?」
「僕たちの旅のブルーレイ、上巻、中巻は発売中、残りの下巻は今月4月27日発売予定。でも、僕の師匠が買い占めて、高く転売するって噂だから、買うなら早いほうがいい」
高城めぐみのグループの女子たちが騒ぎ出した。
「この子、高城さんのことが好きなんじゃないの?」「えー、告白?! 告白しに来たの?!」「やだー、大胆ー!」
キノは、周りの女子たちも見ずに、高城めぐみに向かって静かに言った。
「前もって忠告しておくけど、僕たちのことを知らないなら、Wikipediaなどの情報を先に見ないほうがいい。ネタばれは知らないほうが楽しめる」
高城めぐみは鼻で笑う。
f:id:natsusakana777:20180328225539j:plain
「なんなの? 意味分かんないんだけど?」
同じグループの女子たちも、「あはは、告白ならさっさと言えばいいのに~」「やだー、おもしろすぎい~」「動画撮ってアップしちゃう?」と茶化す。
キノ、銃で、その他の女子たちを瞬殺(足にかすり弾)。
f:id:natsusakana777:20180328225556j:plain
その他の女子たち、きゃああ!とその場にうずくまる。
「え?! な、なに?!」
キノの銃が向けられていることに、ようやく気付く高城めぐみ。
「なによそれ? そんなのオモチャでしょ!」
キノ、高城のこめかみにかすり弾。流れ弾が、背後の窓ガラスに当たって、窓ガラスが派手に割れ落ちる。
ひぃ!と身を縮ませる高城めぐみ。
キノ、銃を高城めぐみに突きつける。
f:id:natsusakana777:20171218190554j:plain
「もし、こうやって解決するなら、簡単な問題だろうけど、残念ながらそうはいかないようだ」
「せ、先生呼ぶわよ!」
顔を引きつらせて言う高城めぐみ。
キノ、高城めぐみの両足にかすり弾をあびせる。
床にべた、と尻もちをつく高城めぐみ。
キノ、銃をしまう。
「きみだけ責めてもしょうがないか。罪の意識すら持たない奴は大勢いるから」
キノは教室を出て行こうとする。
「ああ、そうだ」
キノは高城めぐみを振り返る。
「川本ひなたって子、かなりヤバい奴と付き合ってるよ。僕よりもかなりヤバい男。やたらとちょっかい出さないほうが身のためだ」
キノ、高城めぐみたちをジロリと見てから、教室を出て、廊下で待っていたエルメスのもとへ戻る。
「行こうか、エルメス
「ねえ、キノ、あの男って、将棋の男の人のこと? そんなにヤバい人じゃないみたいだったけど?」
「そうだね」
「でも、あの子と将棋の男の人、付き合ってるって言ってたっけ?」
「さあね」
「なるほど~、嘘も小便、ってやつだね!」
「……嘘も方便」
「そう、それ! でもさ、なんだか今日のキノは変だ、台本の台詞を言わされてるみたいだよ?」
「そうかい?」
そこへ、教室に戻るひなちゃんが通りかかる。
驚いて、キノに声をかけたひなちゃん。
f:id:natsusakana777:20180328225623j:plain
「あれ……? キノさん?」
「ああ。どうも」
「どうしたんですか?! こんなところに?」
「ちょっと、この国を見て回ったついでに。僕はもう出て行くよ」
「ええっ、もう行っちゃうんですか? もっとお話聞かせてもらいたかったのに!」
「いろいろありがとう、皆さんによろしく」
「どういたしまして! お気をつけて!」
「あなたも。お元気で」
キノ、エルメスに乗って学校の廊下を走り、そのまま学校を後にする。
見送る、ひなちゃん。
そこへ、高橋くんが駆け寄ってくる。
f:id:natsusakana777:20180328225638j:plain
「川本っ! 今の奴、誰だっ?」
「え?」
「知り合いかっ?」
「うん、ちょっとだけ」
「ど、どこから来た奴だっ?! この学校の奴じゃなさそうだし」
「うん……それが、旅をしてるんだって」
「は?」
「今までもずっと、あちこち旅をして回ってたんだって。これからもそうするって」
「は? 学校、行ってないのか?」
戸惑う高橋くん。そういう奴もいるのか、とつぶやく高橋くん。
そんな高橋くんを不思議そうに見るひなちゃん。
「高橋くん、どうしたの? 何かあったの?」
「いや、喧嘩があったって聞いて、ちょっと来てみたんだけど――」
「え? 喧嘩?」
「なあ川本、バイクってしゃべると思うか?」
「え?」
いや、なんでもない、と高橋くん。

「あと、ちょっと聞いたんだけど」
学校の門を出てから、エルメスが口を開いた。
「この国、昔は、横暴な子どもたちが、廊下をモトラドで走り回ったり、窓ガラス割って回ったりしてたんだって。昔、そんな歌があったみたいだよ」
「そう」
「今日のキノみたいだね」
「かもね。次の国へ行こうか、エルメス
「キノ、この国は3日間じゃないの?」
「ああ、どうやらちょっと迷い込んだだけらしいから」
「ふ~ん。やっぱり今日のキノは変だ」
「気のせいだよ」
3月のライオン』の国を後にしたキノとエルメス

f:id:natsusakana777:20180330214727j:plain

《おわり》

あとがき

随分前からこの対決の話は頭の中にあって(同じ声優さんつながりで)、でも、あーでもない、こーでもないとウロウロぼやぼやしていたら、いつの間にか時間が経ってしまいました。
いえ、本当はもっと真面目な対決のはずだったんですが、どうしても『銃で脅す』という流れになってしまい、それは根本的な解決法ではないよな、と思い。
銃最強!と思っているわけではありませんし、銃社会になってほしいとは決して思ってないです。

と、あとがきのほうが真面目になってしまいそうなので、このへんで。
いえ、私はいつも真面目ですよ。たまに、不真面目に思われることもあるかもしれませんが、基本的には真面目です。
どうも失礼いたしました。

アニメ『3月のライオン』公式サイト:

3lion-anime.com

アニメ『キノの旅』(2017年秋版)公式サイト:

www.kinonotabi-anime.com