夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによるアニメ感想、つぶやき、空想など

キノの旅(アニメ) 第9話 感想 早回し?!エンディングに度肝を抜かれた回

テンポが速くて、早回しみたいな回だった。
そして、エンディングの『あとがき』に、ええ?!と、文字通り目を疑ってしまった。
なんて斬新っ!! というか、『あとがき』がメインの回だったのか?!

山賊達の話

まずは、バギーに乗ったシズさん御一行。
ティーが手に持っていた手榴弾にビビる山賊。まだまだ青いなw

次にやってきた、モトラド乗りの1人旅の少年、いや、女の子?!
山賊の若者も「女の子だ!」「かわいいな!」と赤くなってますよ!
ええ?! この女の子、本当に、キノ?! めちゃくちゃ美人さん!

そして、遠い昔のことを思い出す山賊の長老。
お師匠さん、『長い黒髪の美女』って言われてますよ! お師匠さん、美人ですけどね!
でも、山賊たちがお師匠さんと相棒さんの車を取り囲んだ途端、目がピカッ!と光って山賊を撃ちまくる2人。
こ、怖っ!
さながら、火を吹く怪獣?!
山賊の長老のトラウマになったようです。

徳を積む国

ポイント制度のある国。
公平と言われればそれまでだけど。なんか腑に落ちないかな?
キノと話をする初老の男性は、元大統領にまでなった徳のある人のよう。でも、今は全然、しあわせそうに見えない。
そのおじいさん、ポイントが貯まって、「人を殺せるのに、誰も思いつかないんだ!」。
それもある意味すごいな。
大統領にもなった人だから、周りに政敵とかもいなかったのかな?
裏のドロドロの人間関係とかはなかったのかな?
殺したいほど憎い人は、今まで誰も現れなかったのかな?
だったら、ある意味、本当に人格者なのでは?
でもこのおじいさん、「せっかくポイントを貯めたのに、使わないのはもったいない!」と、誰かを殺したいのだそう。なんだそりゃ?! 買い物で貯まったポイントカードの有効期限が迫っているけど、貯まったポイント使い切らなきゃもったいない!的な?
でも、誰でもいいの? もう余命もないし、だから、たまたま通りすがりのキノを狙ってたの?!
キノは、おじいさんがナイフをしのばせていたことは察知済みですか。平和な会話だと思っていたのに、いつでも銃を抜けるようにしていたキノ。いつも思うけど、キノすごすぎ。
バレてしまったおじいさん、キノをあきらめて、街で声をかけてきた女性が抱いていた、赤ちゃんに手をかけ。
えーー?! まさか?! 赤ちゃんを?! 何やってんの?!
と、おじいさんが思いとどまってよかった。
てか、「殺したい人がいない」のは、それだけでしあわせなのでは?
それでも、「しあわせな人生だった」とは思えず、満たされないまま人生を終えようとするおじいさん。
なんだろう? 最初から何かボタンを掛け違ってしまったような。
おじいさんにとっては、その人生、しあわせではなかったのかな?
ちょっとせつない。

f:id:natsusakana777:20171206002633j:plain

料理の国

てか、テンポ速いな! 次、次!
キノを伝説のさすらいの料理人だと勘違いした、この国の料理人たち。だ、大丈夫?!
ノリノリで腕をふるおうとするキノ。焦るエルメス
てか、キノが料理なんかするのか?!と逆にビックリ。
料理得意ではないキノ、かわいい。やっぱ、料理得意よりも、戦闘得意のほうが主人公としては、いや人生には役に立つ(?)。
キノは辛いもの好きなのか。刺激があるほうがお好みですかね。
そして、キノの作った料理は国の名物料理に。
でもあまりの辛さにぶっ倒れる人々。
いやいや、この国の人たち、どーなの;

f:id:natsusakana777:20171202183811j:plain

その後、そのお店を訪れたシズさん御一行。
オチに使われるシズさん。不遇すぎないか;
シズさんが粗末に扱われすぎな気がするのはなぜだ; シズさん、なんだか哀愁漂ってきてるような顔になってる気が。そういう運命なのか?

ティーの願い

そして、とある国に行ったシズさん御一行。
願い事を書く紙をもらった、ティー。
てか、ティー、ちゃんと文字書けるのね?! シズさんがちゃんと教えたのかな?と、ちょっとホッとしたのも束の間。
『みんなの願いが叶いますように』と書いて、周りの大人たちに褒められるけど、「どうせこんなの役に立たないから」と言い放つティー。
そこへ、シズさんが戻ってきて、「移住は無理だったよ」。
最初から大きな期待なんてしていなかったティー、全然動じません。
なんか……ティーの成長を心配してたけど、ティーは大丈夫な気がしてきた。

ブルーレイ告知CM、シズさんたち編もスゴい

途中で入っていた、ブルーレイ告知CM。
シズさん&ティー&陸さん編。
しかも、画の口の動きと絶妙に合ってる?!
ティー、ブルーレイのディスクをフリスビー扱い?!
陸さんの戸惑いながらのツッコミも可笑しい。
ティーがディスクをびゅーん!と投げて、陸さんが慌てて追いかけてキャッチする、という実にシュールな画が思い浮かんでしまった。
いや……大事なブルーレイ告知なのに、そんなこと言ってもいいのか……と、観ているこちらがヒヤヒヤします。

美しい記憶の国

お師匠さんが絶賛していたという国へ入るキノ。
が、次の瞬間、出国していた?!
ワープ?! タイムスリップ?!
いえ、薬によって、滞在期間の記憶を消す、という国だったよう。
「は、い……?」と呆然とするキノ。
でも、エルメスが言うには、キノはその国で「今までで一番、楽しんでいた」のだそう。
荷物の中にあった、おそらく、その国の子供が描いてくれた絵。国の人たちと、キノらしき人物画。うん、なんか和気あいあいとして楽しそうだな。こんなふうに、キノが国の人たちとワイワイとすることもあるのか。
でも、キノはそのことを覚えていない。
なんか……せつないな。楽しかったんだろうね、でも覚えていない。
セピアっぽく描かれた、お世辞にも上手いとは言えない鉛筆の絵が、余計にせつない。
人が亡くなっていく時には、きっとこんなふうな『美しい記憶』だけを持って、いなくなっていくのかな。

エンディングで原作者さんの『あとがき』?!

なんだか、この回のメインみたいだった感じがするのですが。
すっごいビックリした。
エンディング途中から、いきなり原作者さんの『あとがき』の文字が流れてきて。
え? 何? 何?!
いやいや待って待って! 初見は、さすがにあっという間に流れていってしまい読めなかった;
あとから、録画したものを一時停止してじっくり読んだら。
な、なんだか……すごく、じいぃん、ときてしまった。
心に刺さりました。染みました。
ああ、私、何やってんだろ……って思った。
ちょっともう一度、何か考え直さないとだよな。と痛感したり。
なんかもう、この『キノの旅』の、原作者さん、読者ファンのみなさん、アニメ視聴者のみなさん、すごく素晴らしくて、勝手に感動しています。『キノの旅』のこと、本当に大事にしてる感じがする。
しかも、『あとがき』の熱いメッセージ。
もう泣きそうになった。いや泣いた。
まだ最終回じゃないよね?! 終わらないで!!!

まだまだ観ていたい! ずっと続いてほしい!
切実にそう思いました。