夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによるアニメ感想、つぶやき、空想など

キノの旅2017年秋版 『初見の視聴者』=『シズさんの視点』という推察

個人的に、アニメ『キノの旅』祭り、続行中。
でも、旧作2003年版シリーズや劇場版を観たりした後に、改めて2017年秋版のシリーズを振り返ってみると、「あれ?」となんだか違和感があることに気付き。
「あれ? いつものキノとは違うのでは?」「キノって、こんなに国に干渉する?」などという、違和感やズレみたいなものがちらほらとあり。

最初の初見では、全然、気が付かなかった(もちろん原作未読)。
でも、後から思うと、第2話『コロシアム』は、キノとしては、「感情で動いてしまった」「国に積極的に干渉した」という超イレギュラーな話。最初のほうの、第2話でこの話だと、「キノってこういう子なのか?」と思ってしまう可能性も(シズさんを最初のほうに紹介したかったためとは思いますが)。
その後の第3話『迷惑な国』も、キノは普通に滞在期間を長くしたり(3日間ルールのはず?)、気軽に国に干渉していたり(狙撃銃“フルート”の紹介のため?)。
そして、第4話『船の国』で、再びシズさんの登場でシズさんがメインの話。キノも途中から出てくるけど、シズさん視点では、キノは「戦闘能力の高い子」で、結局一緒に『塔の一族』と戦うことになったり、ティーの手榴弾を撃ち抜いたりして、助けてくれた子。最後に刺されて死にそうになった時も助けてくれたり(あの後、傷の手当てなどもしてくれたり、という推測)。
中盤~後半あたりは、他の主要登場人物がメインだったりして、キノの登場がほとんどなかったり。
と、いうことは。
この『初見』の視点、もしかして、『シズさんの視点』だったりして?と思ってしまった。
『シズさんから見た、キノの旅』の視点=初見の視聴者、という構図だったりして?

では、1~12話までを初見の視点で振り返ってみます。
・1話『人を殺すことができる国』:キノは、知り合ったおじいさんに、「きみは、人を殺すことのできる人だから」と言われていたけど、出国する時に男に銃を向けられた時、応戦しなかったし(平和主義?)、キノって本当はどういう人間なんだろう?と疑問のまま。
・2話『コロシアム』:シズさんの登場。シズさん視点で見ると、キノは武装能力が非常に高く、しかも、自分の代わりに、王を殺して、国の腐敗した制度を壊してくれた、ヒーロー的、恩人的存在。
・3話『迷惑な国』:キノが3日間滞在ルールを破ったり、手助けで狙撃をする回。狙撃銃(フルート)も持っていて使いこなせる、腕前は超一流、ということが判明。
・4話『船の国』:シズさんメインの回。ティーの登場。キノは途中から出てきて、結果的にシズさんを助けたりした。
・5話『嘘つき達の国』:キノが、国の人たちには全く干渉しない回。初見だと、キノが突然、国の人に無関心になったようにみえる(でもキノにとってはこちらが普段通り)。
・6話『雲の中で』:フォトがメインの回。キノはちらっとしか出てこない。
・7話『歴史のある国』:お師匠さん&相棒さんの過去話。キノはちらっとしか出てこない。
・8話『電波の国』:シズさん御一行の回。定住先の国を探すシズさんだが、余計なことをしたりして、結局追い出される。キノの出番なし。
・9話『いろいろな国』:ギャグ回(?)&伝説の“あとがきのアニメ化”の回。そこまで物騒な事件は起きない。
・10話『優しい国』:泣ける回。物騒な事件は起きない。
・11話『大人の国』:キノの過去話。現在とのギャップに驚愕。
・12話『羊たちの草原』:キノの銃器が総出演&撃ちまくりなのでビックリ。相手は羊だったけど。

こうして振り返ってみると、前半はほとんど、キノの旅ルールや立ち位置、人間性がよく掴めない話や、キノがイレギュラーな行動をした話ばかり。
中盤以降は、その他の主要登場人物がメインの話で、ほとんどキノの出番がない回もあり。
なので、正直言って、初見では、「キノはどういう人間なのか?」「いつもはどんな旅をしているのか?」「旅先の国ではどんな立ち位置?」ということが、見えてこない。なんなら、第2話の『コロシアム』の印象で、「キノって、積極的に国に介入して、腐った制度とかを撤廃するようなヒーロー的な人間なのか?」とさえ誤解してしまう恐れが。もしかして、シズさんにとっては、キノはそう見えてるのかも?

f:id:natsusakana777:20180211223734j:plain

↑ちょっと情けない顔もするシズさん

そして、これは個人的な、推察ですが。
『キノ(の旅)のことを何も知らない、初見の視聴者』=シズさんの視点。
そして、段々と分かってきますが、『キノの旅』では、シズさんの立ち位置としては、“残念なポンコツ人間”扱い(温厚で優しいかもしれないけどツメが甘いし、善意の行動が裏目に出て、余計なことをしたりして、結局、行く先々の国の人たちに受け入れてもらえない)。
と、いうことは。
初見の視聴者=シズさん的な扱い。
という図式。
初見の視聴者は、ちょっと残念なポンコツ人間……。
被害妄想かもしれませんが、そんな推察。もっとも、アニメ内でしかシズさんのことを知らないので、憶測でしかないのですが。でも、シズさん、好青年っぽいけど、粗末な扱いだなあ?とは薄々感じました。
ま、『キノの旅』なら、そのくらいの遊び心(?)があってもおかしくないかも。
そういえば、原作本の最新刊の告知CMでは、キノは「こっちも読まなくちゃね」などと、原作本告知は大事にしていたし。キノ、ブルーレイ告知の時はボロクソ言ってたけど、そっちはちゃんとするんかい!とツッコミしたけど。やっぱりそれって、長年の原作本読者ファンは大事に扱い、アニメ初見者は適度に突き放していた、ってことかな?と穿ちすぎてしまったり。
さすがは、アニメのブルーレイ告知CMで、「こういうのって、ずっと前から決まってたことを~~」とキノがぶっちゃけて言っちゃってたり、ブルーレイディスクをフリスビー扱いしたりするだけのことはあります。『キノの旅』なら、そのくらいの皮肉やイヤミなんかをさらっとしちゃいそうだし、“事情がよく分からなくてオロオロしたり勘違いしたり踊らされたりしている初見の視聴者”を影で俯瞰で見てそう。
そんなことを初見の視聴者が知ったら、「視聴者をばかにしてる!」などと怒るかもしれませんが、私はおもしろいと思いますよ。楽しんだもの勝ち。「事情を知らなかったから楽しめた」というのも、初見ならではだし。
というか、そういうことも全部ひっくるめて、『キノの旅』という世界なのかも?とさえ思ったり。
初見の視聴者には分からない、まだまだ深い闇がありそうな感はありますが。
『優しい国』『大人の国』で、打ちのめされている場合ではないかも。

続編、望ム!

でも、今後は、初見の視聴者にも少しは分かりやすい、人間性や立ち位置なんかが分かるような話が中心の、続編を切実に望みます。
「次は10年後」とかではなく、なるべく早めにお願いします! あまり間が空いてしまうと、また“外せないエピソード”として、『大人の国』『優しい国』『コロシアム』あたりに回を割かなければいけなくなりそうなので。
その分、他の話が観たい。
エグい話でも、救いのない話でも、キノが自己防衛として人間相手の攻防する話でも、ドンドン入れてください!
てか、旧作2003年版の第2話『人を喰った話』なんて、「うわあああ!!」と、すごくエグられた感が。「この話が第2話か!!」と。でも、心構えができて、かえってよかったと思ったり。

f:id:natsusakana777:20180211203308j:plain

シズさんよりもカッコいいキノ

余談:サブタイトル(英語)でプチパニック

毎回、英語のサブタイトルが出るタイミングが絶妙だったし、その英語の意味が、その話の的を射ていたり、「実は――」というものだったり、なるほど!というものだったり、ちょっと考えさせられるものだったり。ちょっとせつない感じのものもあったり。
でも、英単語が簡単なものだったら、出た瞬間に「あー! なるほど!」とか思ったけど、聞き慣れない、知らない英単語だと、「これ、どういう意味?」と調べたりして、後から「あー!」と思ったり。
ま、たいていは分からなくて急いで調べることになるのですが(英語は苦手;)、調べたら実はトンデモナイ意味だった!という場合も多々あり。話のタイトルとは全然逆の意味だった!とか、思っていたのと全然違う意味だった!とか。
そんな中、12話(最終回)のラストのラスト、『旅の終わり -Kino’s Nap-』と出た時には、「Napって、どーゆー意味?!」「キノの、何?」「何かトンデモナイ意味だったらどーしよう?!」とプチパニックになりながら焦って調べた覚えが。

f:id:natsusakana777:20180210201825j:plain

↑このシーン。

が、結果は。
『昼寝、うたた寝』という意味。
……脱力。
よ、よかった……トンデモナイ意味じゃなくて。
『キノの昼寝』ね、あー、昼寝してたしね。
と、すごくほっとした覚えが。
この英語のサブタイトルも、なかなか心臓に悪いですね。ま、嫌いではないです、好きですよ、はい。

ちなみに、12話(最終回)での、『ラムステーキ』は分かるけど、「チンギス・ハン」いや『ジンギスカン』ってなんだっけ? うっすらと名前だけは聞いたことがあるけど、『ジンギスカン』といえば、踊りの曲が頭に流れてきてしまう。いや、羊の肉の料理の名前?
でも、あの羊たちも食べられるのかな? 筋肉ばかりで固そうだし、遺伝子操作もしてるみたいだから、なんだか身体によくなさそうな感じが。と、真面目に思ってしまった。

❰おわり❱