『アラジン』(ディズニー/1992年)、なんでも詰まってる衝撃を受けた元祖作品

それまでの『シンデレラ』のような王道のキャラやストーリーではなく、勝ち気なお姫様&貧しい一般庶民男性という組み合わせに、衝撃的だった、小さい頃に観た当時。
『アラジン』は、そんな、衝撃ディズニー作品?のさきがけだったのかもしれません。

ジャスミン姫は、それまでの定説の、“おしとやかで従順”な、いわゆる『お姫様』ではなく、ガンガン行動するし、反抗するし、好奇心旺盛で、勝ち気。王子様をただ待っているだけのドリーミーな女の子、ではなくて、「結婚相手は自分で決めるわ!」と次々と気に入らない王子をはねつけて、宮殿からこっそり抜け出しちゃったり。
その姿は、とても魅力的で、「ジャスミン姫、かっこいい!!」と一目惚れ(?)。
そして、アラジンは、貧しくて、生きるために食べ物なんかを盗んだりしているけど、心は優しくて、食べ物に困っている小さな子供がいたら、自分の食べ物を全部あげちゃうような善良な青年。
そんな2人が出会い、アラジンは魔法のランプを手に入れ……という、砂漠の国を舞台にした、魔人や魔法の絨毯も出てくる物語に、すごくワクワクしたのを覚えています。

f:id:natsusakana777:20170904231454j:plain

アラジンとジーニーの男の友情にほろり

アラジンとジャスミン姫の恋の行方の他にも印象に残っているのは、アラジンと魔法のランプの魔人・ジーニーとの友情。
「願いを3つ叶えてあげよう」と言うジーニーに、「最後の願いでジーニーを自由にする」と約束するアラジン。
“敵”によって海の底に沈められたアラジン(その直前まで、ジャスミン姫と空飛ぶ絨毯で世界を回っているという夢のような時間だったので、その落差に驚愕! 助けてジーニー!)。ランプがこすられて、文字通り間一髪でジーニーに助けられたアラジン。
ありがとう……と心の底から言うアラジンに、ジーニーもちょっと照れ?
その後、“敵”に反撃して、失脚させたが、弱気になったアラジンは、ジーニーに、「自由にする約束はできない」と。そんなアラジンに幻滅するジーニー。
そして“敵”と再び対決して“敵”を追放後。
ジーニーは、自分の自由よりも、アラジンに、最後の願いは王子になることだろう? 愛が大事だよ、とアラジンとジャスミン姫をくっつけようとします。しかし、アラジンは、
「ジーニー、きみは自由だ!」
その途端、ジーニーの鎖が外れ。
自由になれたら世界を旅する!と早速、大きな旅行カバンをどーん!と取り出し、荷造りするジーニー。
でも、ふと、アラジンを振り返り……。
その友情に、やっぱり泣けますね。
でも、ジーニーだったら、ほんの1日くらいで世界一周しちゃって、すぐに戻ってきそう??(←そういう問題ではない?)

アラジンの相棒の猿・アブー、空飛ぶ魔法の絨毯、などなど、どこか憎めない、魅力的なその他登場人物たち。アラジンをさりげなくサポートしてくれたりして、グッジョブ!
というか、アブーと空飛ぶ絨毯がいなかったら、アラジンはどーなってたか……;

「僕を信じて!」と言って、本当に善人だったのはアラジンだけ?

劇中、アラジンが、「僕を信じて!」とジャスミン姫に手を差し伸べるのですが。
小さい頃は、その台詞とその姿に、「アラジン、かっこいい!」と単純に思っていたのですが。
その後、大きくなり、いろいろなドラマや映画を観たり、実生活などで学んだのですが、「僕(私)を信じて!」と言う人物ほど警戒したほうがいいんだな、と。
ドラマや映画なんかでは、例えば、主人公に「いいかい、俺を信じるんだ!」みたいなことを言う奴は、大概、実は真犯人だったり、敵の一味だったり、悪役だったり。まー、善人だったことはありません。
なぜなら、「俺(私)を信じて」と言うような人物は、何か目的があって近づいたけど、警戒されると困る。でも、長い時間をかけて信頼を得たり、友情を深めたり、なーんてことは、さらさらする気もない。だから、安易に「俺(私)を信じて」という“言葉を使って”相手を信用させようとする。
例えば、「俺は実は刑事なんだ、この事件を調べてる、あの箱の中身を見せてくれないか?」と言い、ちょっと疑う主人公に、「大丈夫、俺を信じて」とか。
そんなことを言う奴は、見た目は『いい奴』に見える。
でも、実は裏があって……というパターン。
結局、「僕を信じて!」と言って、本当に善人だったのは、後にも先にもアラジンだけだったかも?!
もし、実生活などで、「俺(私)を信じて!」と言うような人がいたら、「そんな言葉だけで信じると思ったら大間違いだぞ、ボケ!」と返したほうがいいかも。
……え? 疑いすぎ??

アラジンは、元祖、逆玉の輿?!

『アラジン』は、お姫様(王女)と一般庶民の男性がハッピーエンドの“逆玉の輿”、という元祖ですかね?
近年では、『塔の上のラプンツェル』(ディズニー/2010年)とか。
そうしてアラジンは、ジャスミン姫と結婚して、王様になっちゃったわけで。ま、それはそれで、『一般庶民の気持ちの分かる王様』として、国を治めていくのかな?と思いますが。
でも、『お姫様(王女)と結婚したら王様になって国を統治できる』というシステムはそろそろ廃止したほうがいいのでは?なーんて思ったり。
王族は、政治には口出ししない。政治は政治家がやる。では、いけませんかね?
ジャスミン姫のお父さんのサルタンだって、ラストには、「ええい! 法律変えちゃえ!」と、法律を変えて、ジャスミン姫とアラジンの仲を許したり。え! そんな軽々と法律変えちゃったりしたら、すぐに独裁政治になってしまうのでは?と危惧したほど。ま、あのサルタンはひどいことはしなさそうだけど、政治面でのサポート役がいないと心配。
と、急に現実的w

余談:主題歌について

名曲『A Whole New World』は、とても好きなのですが、ちょっと引っかかるところが。
英語力のなかった昔(今もありませんがw)、サビの部分が『アホ・ニュー・ワー~♪』に聞こえてしまい、「え?! アホ? ……ばかにしてんの?!」と思った覚えがあり。
『ア・ホール・ニュー・ワー~』という歌詞ということは分かるし、素敵な歌詞(内容)には違いないのですが。
でもやっぱり、『アホ』って聞こえてしまう。
偶然なので、しょうがないのですが;

❰おわり❱