夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによるアニメ感想、つぶやき、空想など

「下の名前が覚えられない」のCMで『ハチクロ』の主人公を思い出した件

車のCMで、女優・高畑充希さんが「なんかごめんね。出会って1年だけど、あなたの下の名前、全然覚えられないの!」そう言ったお相手は、お笑い芸人のロッチ中岡さん。
あー! ロッチ中岡さん! 下の名前?
ええと……ええっっっと……何だっけ? 全然出てこないっ!

バラエティ番組なんかでよく観るんだけど……下の名前、全然分からない!
と、そのキャスティングの絶妙さに、思わず「なるほど、確かに!」となりましたが。
最初、そのCMの中で『付き合って1年』かと思ってしまい、「さすがにそれは……」と思ってしまいましたが、違いましたか。『出会って1年』なら、まあ別にいい、のか?
でも、「なんかごめん」と言ってしまうのも分かるような。

www.daihatsu.co.jp

ハチクロ』の竹本くん

ここで、「下の名前が覚えられない」で思い出したのが、『ハチミツとクローバー』の主人公(のはず)の、竹本くん。

f:id:natsusakana777:20180318231651j:plain

原作コミック第5巻の表紙より

竹本くんの下の名前……
下の名前…………
………
全然、出てこない!!
というか、竹本くん、周りに下の名前で呼ばれたこと、あったっけ?
「下の名前が覚えられない」のではなくて、「誰からも呼ばれていないから、そもそも下の名前を知らない」のかも。

言われてみれば、『ハチクロ』の主要メンバーは、ハグ美ちゃん以外は、下の名前がなかなか出てこない(覚えられなかった)ですね。
竹本くん。
山田さん。
森田センパイ。
真山。
花本先生。
でも、大学での専攻が違ったり、学年や年齢も違ったりするので、下の名前ではなく、苗字で呼び合ってるので、問題ないか。“めちゃくちゃ仲良し!”というベタベタした関係ではなく、この微妙な距離感も、『ハチクロ』の好きなところ。
ハチクロ』は、アニメ版で観ましたが、すっごくよかったです。もう「よかった~!!」「こういう雰囲気の作品、好き~!」としか言いようがない。スピッツの曲がちらほらと流れたのもよかった。マイナーな曲ばかりだったので、この曲ってどのアルバムに入ってる?!と急いで調べたり。

でも、恋愛方面では、主人公(のはず)の竹本くんの恋を応援したいところだったけど、うまくいく予感が全然しなかった……なんかごめん、竹本くん!

それにしても、改めて思うと、『ハグ美』という名前のインパクトの強さ。普通、付けます? 『ハグ美』と名付けるとは、かなり思い切ったことする名付け親だったんだなあ、と思いました(それとも原作者さんか?)。