夏魚、空を行ってみる

アニメ好きによるアニメ感想、つぶやき、空想など

アニメ『3月のライオン』第2シリーズ 第14~15話の感想

ひなちゃんのいじめ関連が一段落したようだし、零も精神的に比較的安定しているよう。
劇中では初夏だけど、なぜか宗谷さんのせいか(?)、宗谷さんが冬を連れてきてる感じ。そういう人なのかな?と思っていたけど、実は……ということは、のちに明かされますが、全然気が付かなかった……。

14話

記念対局のポスター、宗谷さんと零、華ありすぎ! かなり力、入ってます!
それを見て文句言いまくりな島田さんたち。
てか、島田さんたちの対局の再現VTR、長っ!とツッコミw
“病人対局”とか言われてて、もう笑っていいのか悩むところ。
でも、渋いほうがお好みという人たちもたくさんいるはず!とフォローしてみる。
そして、零と宗谷さんを気遣う島田さん……。
棋士のみなさん、本当に義理堅かったり他人を気遣ったり、なんだかすごいな、といつも思ったり。

零は高校の屋上で、1人でパンを食べながら対局前の集中。
部室ではないのがさみしいですね。野口くんたちはもう部室には来ないのか、と思うと。野口くんたちと実験したり将棋したりしていた時間は、あっという間に過ぎてしまったのか。あの時間、すごく良かったのに。さみしい。
と、そこへ、林田先生が登場。
でも、声をかけても零に気付かれない先生w
いつも零を気にかけてくれてありがとうございます!
ひなちゃんのことを先生に話す零。
先生、零のこと、全部お見通しでした。
「人に伝わるのは、結果だけじゃない」「世界は結果だけで回ってるんじゃないんだよ」。
先生~~!!
『何の役にも立てなかった』って思ってるのは、零本人だけ! 先生も、ちゃんと零に言ってくれましたね!

零は、対局場所の盛岡へ。
盛岡って、確か、ちほちゃんが転校した先だったっけ?
ちほちゃんの所に遊びに来た、ひなちゃんと、再び会っちゃったりする?!
原作コミックは未読なので、わくわくドキドキ。

対局場所は、きらびやかなホテル。
ホテル内に貼ってあったポスター、でかっ! 本人の顔よりもポスターの顔のほうが大きかったぞ?!
そして、広すぎる部屋に通された零。
てか、零、温泉入ったことない?!
スーパー銭湯とかも?と思ったけど、零に「スーパー銭湯にも行ったこと、ない?」とか聞いたら、「何? 戦闘モノ? レンジャーとか?」などと言われそうなので、そっとしておこう。
ええと、湯船にスケジュール表(紙)を持ち込むとふやけそうなんですけど?

前夜祭の会場にて。
二階堂くんを思い出す零。二階堂くん……改めてすごい存在。早く元気な姿をみせてほしい。
その後。
会場で事件発生!
宗谷さんのスーツ一式に、赤ワインがどば!とかかってしまった!
こ、これは……血まみれみたい……。
殺人事件、発生! 名付けて『みちのく湯けむり殺人事件』(←本当にありそうw)
被害者は、スーツ一式。
加害者は、ホテルスタッフ。
そして、真犯人は、――あなただ!
動機は、「宗谷さんに、スーツではなくて、和服を着させるため!」(ドヤ顔)
あ、違いました?

対局当日。
和服で静かに現れた宗谷さん。和服、似合いますね。やっぱり和服を着てもらいたいです。
スーツを被害者にした甲斐がありました(違っ;)。

f:id:natsusakana777:20180203200447j:plain

15話

零は、宗谷さんのことを、『庭に舞い込んだ、大きな翼の白い鳥』のようだと、小さい頃のことを回想。
サギか何かかな? 田んぼや水辺に住んでる鳥ですね。
零が小さい頃にいた家の庭には、池なんかがあったりして? なかなか大きな庭みたいだったし。

そして。
対局は終わってしまいました。
零、 負けてしまったけど、かなり健闘したよう。
対局後の、宗谷さんによるレクチャー付き? このシーン、なんかすごく好き。言葉ではなくて、通じ合ってて、零が宗谷さんに導かれているような。
さながら、ジェダイ棋士……騎士(©スターウォーズ)。宗谷さんは、相当高いレベルの、最高指導者の地位のジェダイ。零は、まだ修業中のジェダイ候補生。本来なら、零の地位では面会することもかなわない宗谷さんでしたが、将来を有望視された零は、宗谷さんに面会するチャンスを得ました。そして、『今後、期待してるよ』とばかりに、言葉を介さずにレクチャーを受け。
零が、宗谷さんの思考を読めなかったのも、宗谷さんはレベルの高いジェダイなので、他人に心を読まれることはないのです。宗谷さん自身の心は、完全に自分でコントロールしているし、他人に悟らせることもしません、フォースの強い力があるからです。スターウォーズの世界に、もうしばらくお付き合いください。
そして、帰りの新幹線も同じだった2人。
しかし、台風のせいで、途中の駅で新幹線が止まってしまい、今日はもう走らないということで、足止めをくらってしまいました。
他の乗客は降りていったのに、宗谷さんは眠っていて動きません。そんな宗谷さんをほうっておけず、思わず声をかける零。零に腕をつかまれて、ハッとして零を見上げた宗谷さん、眼鏡をかけていないからか、余計に童顔で年齢不詳にみえます。しかし、その眼鏡が、ジェダイにとってのライトセーバーなので、宗谷さんはすぐにライトセーバーを装着して、いつもの戦闘態勢に戻りました。
宗谷さんと共に、零はホームへ降りていきました。しかし、零は不慣れで、どうしよう、と戸惑ってしまいます。
そこへ、最強ジェダイの宗谷さんが、フォースで零のことを無言でリードします。零は、宗谷さんのフォースに操られ、無事に、チケットの払い戻しを済ませ、今日の宿泊場所を宗谷さんの分も確保することができました。
そして、地下街の道で迷ってしまった零は、宗谷さんに導かれて歩き出します。
途中、コンビニに寄った2人。
宗谷さんは、手堅く非常食。リンゴもコンビニに売ってるのか。リンゴは2個。最強ジェダイの宗谷さんは、無駄な動きはしません。
対して、零は、台風前のワクワク買い出しのように、浮かれて買いすぎてしまった模様。まだまだ修行中のジェダイ候補生。今後に期待。零、ダークサイドには堕ちないで。
そのまま、雨の中を歩いていく2 人。
宗谷さん、台詞、ほとんどなかったですね。宗谷さんの意識は、遠く遥か銀河系の彼方へと行っているので、現在の透けそうな姿は、地球というこの惑星上での仮の姿なのです……。
スターウォーズの世界、おしまい。

↓こちらは、ルークのライトセーバー。本格的なもののようで、お値段もそこそこします。

追記:その後、やたらとAmazonから、おもちゃカテゴリの変身・コスプレの商品紹介メールが届き、おいおいなんでだよ、と思っていたら、そうかこのライトセーバーの検索がきっかけか、と思い至り。いやそんなつもりじゃなかったのに! ジェダイにとっての命ともいえるライトセーバーをおもちゃ扱いするなんて! どうかしてるぞAmazon! こっちは真剣なのに!と怒りが沸々……と、何か違う?